受診が滞っている場合申請書を書いてもらえるか

診断書を書いてもらって以後受診が滞っている場合の申請書

診断書を書いてもらって以後受診が滞っている場合の申請書

 

ネットを見ていると次のような相談と回答がありましたが、
回答に問題があるので記事にします。

 

相談内容は次のとおりです

 

 

うつ病の診断書を書いてもらってから、

 

予約の電話や外出が億劫となり受診をしていない。

 

それでも傷病手当金の申請書を書いてもらえるだろうか?

 

会社は休職中に通院していたと認識しているので実際には

 

通院していないことがわかると、会社に申請書を書いてもらえないのでは

 

という相談です。

 

 

 

それに対する回答です。

 

 

傷病手当金の診断欄は就労が可能かどうかの判断を書く欄であって

 

通院日は直接関係はありません。

 

 

⇒ これは半分は正しいのですが、傷病手当金の就労不能の判断は
申請のたびに医師が判断するので、最初に診断書を貰っていさえすれば
必ず書いてもらえるものではありません。

 

回答の続きを見てみましょう。

 

 

診断書さえ出ていれば、あとはどの程度の期間なのか

 

証明があればいいだけです。

 

 

診断書を書いてもらった診察だけでも

 

傷病手当金の申請書類も書いてもらえると思います。

 

 

病院からすれば、傷病手当金は普通の事務処理にすぎないので

 

淡々とこなしてくれるでしょうし、診察を受けずに書類申請だけで

 

済んでしまうかも知れません。

 

 

回答者はうつで傷病手当金を支給された人ではないのでしょう。

この回答は間違っています。

 

 

診断書を書いてもらえば、
診察も受けずに傷病手当金の申請書を
書いてもらえるということはありません。

 

 

診断書は傷病手当金申請をするための
大前提ですが、診断書と傷病手当金の申請書は
全く違う制度のものです。

 

 

就労不能期間はその都度受診して書いてもらうことが必要です。
医師も虚偽の申請をすると罰せられるので、
できるなら傷病手当金の申請書は書きたくないのが本音です。

 

 

うつ病の診断書を書いてもらって以降、
億劫で一度も診察を受けていない。

 

 

そのことを主治医がうつ病が重度だから仕方ないと判断するか
それとも本当は来れるのに来なかったと判断するかで大きく違います。

 

 

そのあたりは主治医の判断なので、
受診して、そのあたりの事情を説明する必要があります。

 

 

真面目に治療に取り組もうと思うが
なかなか外出できない状況だったと理解してもらいます。
医師の心証はともて大事なものです。

 

 

窓口で申請書を渡して書いてもらうような
甘い考えでは書いてもらえません。

 

 

傷病手当金を支給されるには、
それ以前よりも通院回数を増やす方が望ましいのです。

 

次の情報がとても参考になり支給決定されました。
不支給の場合全額返金保証付きです。

 

傷病手当金を確実に受給する方法